お片づけ実例・感想

「事実を伝える」という言い方、すごいヒント!

山形・庄内の
整理収納アドバイザー × 住宅収納スペシャリスト
うめつみちよです。

タイトルにある
「事実を伝える」という言い方、すごいヒント!

というご感想を送ってくださったのは、

今継続でお片づけ訪問させていただいている子育てママさん(^-^)

 

まだお片づけ途中ですが、ちら見せ(笑)
掲載許可いただいています。

 

フルタイムでお仕事をされていておいそがしい中、週に一度「お片づけの日」と決めて、家まるごと一緒にお片づけしています♪

たくさんのモノひとつひとつと向き合うのは、一人だとなかなか大変ですが、
「一緒だと頑張れます!」と作業を続けてくださっています。

 

 

ところで、

子どもに

「片付けてー」「片付けなさい」

と言っている方は多いと思いますが、

はたして

「片付け」って何をすればいいのか

お子さんはわかっているでしょうか?

 

「片付けて」って実はすごくあいまいな言葉。

大人が思っている片付けと、
子どもが思っている片付けは違ったりして。

 

なので、

具体的に伝える

事実を伝える

方が、子どもは動きやすいんですよぉと、先日お片づけをしながらお伝えしたのでした。

 

例えば、

「リモコン、棚に戻して」とか

「テーブルに出ているものをこのカゴに入れてね」という感じ。

 

片付けに慣れてくると

「パジャマ置きっ放しだよ」

「ノート置いたままだよ」

とそのまんまを伝えるだけで、元の場所に戻すようになりますよ。

 

そのためには、

戻しやすい場所に
「定位置」を決める

必要がありますね。

そのお手伝いをしているのが、わたしたち「整理収納アドバイザー」です。

 

 

それから、

わたしは「なぜ」の部分も伝えるようにしていました。

片付けると使うときラクだよね

とか

よく使うモノを取り出しやすい場所に置くと便利だよね

など。

 

今では

片付けのヒントを娘から教えられることも!

それがまた、嬉しい♪ 楽しい♪ですね。

 

 

お片づけのご相談はこちら
お片づけサービスのご案内

ご質問などお気軽にどうぞ
お問い合わせフォーム

■ LINEからもお問い合わせが可能です♪

友だち追加
ID@eiw3290b

 

11/10(日)
山形の整理収納アドバイザーによる
『暮らしirodoriマルシェ』開催します♪