書類整理サポート

【書類整理】バーチカルファイリングって何ですか?

山形・庄内の
整理収納アドバイザー × 住宅収納スペシャリスト
うめつみちよです。

ファイリングの記事の中で、たびたび出てくるのが
バーチカルファイリングという言葉。

何ですかそれ?という方のために、
今日は、わたしが採用しているバーチカルファイリングについてご紹介しますね。

書類のファイリング方法は、大きく分けて2つ

書類の管理方法として、
「簿冊(ぼさつ)式ファイリング」「バーチカルファイリング」の2つがあります。

「簿冊式ファイリング」とは、ポケットファイルやフラットファイルなどに書類を綴じて保管する方法です。

一番おなじみですよね。

 

「バーチカルファイリング」というのは、個別フォルダと呼ばれる二つ折りのファイルにはさんで立てて保管する方法です。

 

どちらにも、メリット・デメリットがあります。

簿冊式ファイリング

メリット

  • 持ち運びしやすい
  • パラパラと見やすい

デメリット

  • 綴じるのが面倒
  • 処分しにくい
  • ファイルの背幅分のスペースをとる

 

バーチカルファイリング

メリット

  • 探しやすい
  • しまいやすい
  • 廃棄しやすい
  • 省スペース

デメリット

  • イニシャルコストがかかる
  • パラパラと見づらい

 

どちらが良い、悪いとかではなく
自分の使い方に合わせて選んでいただけるといいかと思います。

わたしも、子どもの通知表や車の整備記録などは
簿冊式で管理していますよ^^

通知表の保管は一人1ファイル

書類整理の基本は「ためない」こと!

家に入って来てから、保管→廃棄の流れがスムーズなのが理想です。

そして、それがしやすいのが「バーチカルファイリング」

馴染みがないので、
はじめは「難しそう…」と思われがちですが、
一度使ってみると、管理がとてもラクなことにビックリしますよ(^^)

 

バーチカルファイリングで作る
書類整理(ホームファイリング)サポート モニター募集中です♪

詳細はこちら

 

■ お片づけのご相談はこちら
お片づけサービスのご案内

■ 講座・セミナーのご依頼はこちら
講座・セミナーのご案内

■ ご質問などお気軽にどうぞ♪
お問い合わせフォーム

■ LINE↓からもお問い合わせができます♪

Instagramはこちら

整理収納アドバイザー 住まいブログ・テーマ
整理収納アドバイザー