読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暮らしんぷる

モノ・コト・ココロをシンプルに

【羽仁もと子案家計簿】「予算」と「費目」、私の予算の立て方。


スポンサーリンク



こんにちは(^-^)

羽仁もと子案家計簿を使いはじめて8年になります。

 

www.kurasimple.net

 

今年も、ぼちぼち来年の予算をたてる時期になりました。

そこで、私の予算の立て方をご紹介してみようかな~と思います。

 

f:id:kurasimple:20161120081357j:plain

パソコン版を使っているのですが、今年は実験的に手書きと併用してみました。

 

その前に、「予算」と「費目」について、婦人之友社のHPにとてもわかりやすく紹介されていました。

<第4回>家計簿をつけませんか? 「予算」とは何でしょう?「予算生活」といいますが、なんだか難しそうです… | 婦人之友社 生活を愛するあなたに

「費目」がタンスの引き出し。

「予算」がその引き出しに入っている衣類の数。

なるほど~と感動しました♪

 

例えば、

「教育費」という引き出しに、今年は20枚Tシャツを着ましょうと収納する。

これが予算立て(^-^)

使う時は、引き出しからTシャツを取り出します。

家計簿をつけていると(引き出しが整理されている状態)、取り出した時に残り何枚あるかすぐに分かるので、先の見通しが立ちやすい、ということですね。

引き出しの中がぐちゃぐちゃだと、何枚着たのか、残りが何枚あるのか、そもそも何枚着ればいいのかも分からない・・・(^-^;

予算生活をすると安心してお金を使える、というのはこういう事だったのですね。

 

ところで、はじめての予算立ては本当に大変です。

はじめて家計簿をつける方は、無理せず大体の予算にしておいて、次年のために支出を把握するということで良いと思いますよ。 私も1年目はそうしました。

そして、一度予算を立ててしまえば、次の年からはちょこちょこ部分的に変更するだけなので、格段にラクになります♪

 

ここまでで、すでに長くなっちゃいましたねぇ・・・(^^ゞ

 

さて、わたしは予算表をエクセルで作っています。

数字を入れていくと、自動で計算してくれるのですごく便利♪ 手書きでももちろんOKです。

 

そうそう、羽仁もと子案家計簿は年単位で考えます。

収入も支出も、1年分をトータルして12等分するというやり方です。

月ごとに予算を立てて袋分けしたり、ボーナス分だけで計画するとかはしません。

なので、当然1日~末日単位で、給料日からカウントとかもしません。

 

費目ごとに、

  • 毎月かかるもの 
  • 年で考えるもの

を書き出し、1年間のトータルを出します。それを12等分したものが月予算です。

 

例えば、わが家の場合(数字はテキトーです)

自動車費 月で考えるもの  ガソリン

     年で考えるもの  任意保険 オイル・部品代 車検 タイヤ購入

 

f:id:kurasimple:20161122151418g:plain

 

この場合、太字の60,833円が12等分した予算額なので、60,000円か61,000円を実際の月予算にします。

こんな感じですべての費目について書き出していくと、大体A4サイズ1枚におさまります(^-^)

 

前年から変わるところを、削除したり、金額を変更したり、新しく加えたり、家電の購入計画をしたり、そのために減らせるところはないか考えたり、オットや家族とも相談したりしながら、何度も訂正を加え、最終的な予算シートが完成します。

これが、なかなか楽しい作業なのですよ♪

 

来年は、二女と三女の卒入学があるので、教育費が大きく変わりそうです。

入学準備金は、長女の時の家計簿を参考に予算を立てます。

 

あ~、やっぱりこの予算立ての作業が一番好きかも(#^.^#)

 

 

手書きの家計簿はこちら。基本的には当座帳とセットで使います。

羽仁もと子案家計簿 2017年版

羽仁もと子案家計簿 2017年版

 

 

こちらは1冊使いできるようになっているものです。 

予算生活の家計簿 2017年版

予算生活の家計簿 2017年版

 

 

婦人之友社の家計簿のページには、数種類ある家計簿の中身やつけ方の動画もあるので、参考になりますよ~♪

www.fujinnotomo.co.jp

 

 

▼ 皆さんのブログ、いつも参考にさせていただいています♪

ブログ村テーマ
整理整頓・お片づけ♪
  収納・片付け  スッキリさせた場所・もの

すっきり暮らす  住まいと暮らし  シンプルライフ

 

▼ ランキングに参加しています。読んだよ~と1回ポチっとしていただけると嬉しいです♪