お片づけサポート・感想

【サポート実例】クローゼット収納で気をつけたいこと。

今回は、お引っ越しのサポート。
クローゼットの収納です。

よくある折れ戸タイプのクローゼット。
開けた時に全体が見渡せるというメリットがある一方で、気を付けたいポイントが

扉を折りたたんだ部分の厚み

これが、図面では気づきにくく、盲点になりやすいんですよね。

 

 

こちらのクローゼットは、内寸幅が120㎝ほどありましたが、折れ戸の厚みが左右それぞれ15㎝強。

つまり、扉を全開した時の幅は90㎝程度になります。

うっかり100㎝幅のチェストを購入したとしたら…引き出しはひっかかって開きません(^^;)

 

 

また、観音開きのため、全開するには扉を開けるというアクション(動作)が左右で2つ。

ということで、
左…オフシーズンや使用頻度が低いもの
右…普段使いのもの
という配置に。

普段は右側だけ開けて着替えをしたり、お風呂の時に下着を取り出したり、ということができるようにしました。

 

 

引き出し収納も新しく購入したいということだったので、今後の引越しや家族構成の変化にも対応しやすいよう

  • 丈夫でたわみにくい
  • サイズバリエーションが豊富
  • 定番品で買い足し可能

フィッツケースをご提案。

衣替えも、左右で引き出しを入れ替えるだけで完了します♪

 


お好みでホワイトを。Fitsのシールがはがせるので見た目もスッキリ♪

 

   

 

両脇のデッドスペースは、

長さのあるワンピースやコート類、ショルダーバッグのひもやベルト、紙袋などの収納スペースに。

 

クローゼットは、扉の形状、そして、自分にとって使いやすい位置(高さや左右など)を考えながら、使用頻度で場所を決めていくといいですね。

↑この辺り、詳しくは2級講座でもやりますよ♪

これで、しばらく生活していただいて、
実際の使い方に合わせて、微調整していきます(^-^)

 

開き戸の場合でも、蝶番が引っ掛かりの原因になることもありますよ!

 

暮らしが変われば人生が変わる♪
整理収納アドバイザー2級認定講座
ご自宅や職場ですぐに実践できる整理の方法や収納のコツを、楽しく学べます。
最新の開催スケジュールはこちら

書類の迷子がなくなり、必要なときにすぐに取り出せる⁣!
ホームファイリング®︎(書類整理)サポート

詳細はこちら

お片づけのご相談はこちら
お片づけサービスのご案内

講座・セミナーのご依頼はこちら
講座・セミナーのご案内

ご質問などお気軽にどうぞ
お問い合わせフォーム

■ LINE↓からもお問い合わせができます

Instagramはこちら
ABOUT ME
うめつ みちよ
整理収納アドバイザー1級・整理収納アドバイザー2級認定講師・住宅収納スペシャリスト。 家事・育児・仕事にいそがしい女性に「心のゆとり」を持ってほしいと、整理収納、書類整理(ホームファイリング®)サポートを行っています。山形県庄内・村山地域を中心に活動中。4姉妹(23・21・18・14歳)の母。
スポンサーリンク